Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「オフィス宅ふぁいる便」にセキュリティ機能追加、ファイルのウイルススキャンが可能に

エルネットとオージス総研は、企業向け大容量ファイル転送サービス「オフィス宅ふぁいる便」にセキュリティ機能などをあらたに追加した。

同サービスは、大容量ファイルの送受信を可能にするソリューションで、ユーザー管理や送受信履歴管理、送信範囲限定機能などを搭載したライト版や、データを送信するたびにワンタイムパスワードを発行する機能や送信可能なドメインを制限する機能など備えたスタンダード版を提供している。

今回、スタンダード版にエフセキュアのセキュリティ対策ソフトを採用し、送信ファイルのウイルスチェックが可能になった。このほか、社外ユーザーが一時的に利用できる機能や、初回ログイン時に強制的にパスワードを変更させる機能、ユーザーメンテナンス限定管理者登録機能などを追加。また英語に標準対応した。

2011年3月末まで、1000ユーザーライセンス280万円のキャンペーン価格で提供される。

(Security NEXT - 2010/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日立、ブラウザ閲覧環境を業務システムから分離するソリューション
ジェイズ、安全なウェブ閲覧環境を提供するソフトウェア
トランスウエア、ファイル転送とストレージを組み合わせた新サービス
米Box、Heartbleed対策は報告から1時間 - 社内には5種類のセキュリティチーム
NTTソフト、メール誤送信防止ソフトに大容量ファイル転送オプションを追加
「オフィス宅ファイル便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
有料版「宅ふぁいる便」に送信時のウイルスチェック機能搭載
ソリトン、セキュリティ機能を強化したファイル転送アプライアンス最新版
「宅ふぁいる便」がセキュリティサービス3種を提供 - セキュリティ診断や遠隔監視など
ソリトン、スマホにも対応したファイル転送アプライアンス最新版を発売