Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

他社製品と共存する無償セキュリティ対策ソフトが機能強化 - 単独利用前提の有償版も

セキュアブレインは、セキュリティ対策ソフト「gred AV アクセラレータ 2.0」の新バージョンを提供開始した。

最新版では、従来より搭載しているヒューリスティック型クラウドエンジンにくわえ、脅威を学習するクラウドエンジン「SPERO」を追加。メモリ上のデータだけでなく、フルスキャンや、指定したファイル、フォルダに対するスキャンが可能となっている。

ポップアップを抑制できるさらにゲームモードを搭載したほか、同ソフトを導入した知り合いとコミュニティを作成でき、コミュティ内で発見されたウイルスや安全対策の状況が確認できるという。

また最新版では、従来同様無償で提供する「gred AV アクセラレータ 2.0 Free」にくわえ、機能を追加した有料版「gred AntiVirusアクセラレータ2.0 Plus」を用意している。

(Security NEXT - 2010/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化