Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被害に気付きにくいウェブパーツ改ざん - IPAが注意喚起

9月から10月にかけ、改ざん被害が発生し、国内で正規ウェブサイト閲覧時にウイルスへ感染する「ドライブバイダウンロード攻撃」が発生しているとして、情報処理推進機構(IPA)が注意を呼びかけた。

同機構では、広告配信サービスが被害に遭い、改ざんされたコンテンツが多くのウェブサイトを通じて配信されたケースを例に挙げ、従来のようにウェブサイトが直接改ざんされていない場合でも、外部の第三者より提供を受けているコンテンツに不正なコードが挿入され、閲覧者に被害が及ぶケースがあることを指摘している。

外部提供コンテンツが改ざんされていることに気が付くことも難しく、セキュリティベンダーによる改ざんの監視サービスや、複数のセキュリティ対策ソフトによるウェブサイトの確認など、被害軽減策を紹介。閲覧者から、ウイルスを検知したとの連絡が寄せられた際は、同機構の相談窓口まで相談するよう勧めている。

またウェブサイトの利用者に対しては、OSやアプリケーションの脆弱性を解消やセキュリティ対策ソフトを導入し、定義ファイルを最新の状態にしておくよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス