Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被害に気付きにくいウェブパーツ改ざん - IPAが注意喚起

9月から10月にかけ、改ざん被害が発生し、国内で正規ウェブサイト閲覧時にウイルスへ感染する「ドライブバイダウンロード攻撃」が発生しているとして、情報処理推進機構(IPA)が注意を呼びかけた。

同機構では、広告配信サービスが被害に遭い、改ざんされたコンテンツが多くのウェブサイトを通じて配信されたケースを例に挙げ、従来のようにウェブサイトが直接改ざんされていない場合でも、外部の第三者より提供を受けているコンテンツに不正なコードが挿入され、閲覧者に被害が及ぶケースがあることを指摘している。

外部提供コンテンツが改ざんされていることに気が付くことも難しく、セキュリティベンダーによる改ざんの監視サービスや、複数のセキュリティ対策ソフトによるウェブサイトの確認など、被害軽減策を紹介。閲覧者から、ウイルスを検知したとの連絡が寄せられた際は、同機構の相談窓口まで相談するよう勧めている。

またウェブサイトの利用者に対しては、OSやアプリケーションの脆弱性を解消やセキュリティ対策ソフトを導入し、定義ファイルを最新の状態にしておくよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応