Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

世界規模で感染広がる多機能の「WORM_PROLACO」が2位 - トレンド月間ランキング

トレンドマイクロは、11月に同社が受け付けたウイルスの感染被害や発見報告を取りまとめた。11月の報告数は1049件となり、10月の1294件から大きく減少している。

報告数のトップは、29件寄せられた「WORM_DOWNAD」。「MAL_OTORUN」が20件で続いており、常連のマルウェアが上位を占めた。一方で11月中旬より感染報告が増えている「WORM_PROLACO」が、「MAL_OTORUN」と同率となる2位に入っている。

著名なネットサービスの通知を装ってzipファイルがメールで送信されており、内部のプログラムを起動することにより、同マルウェアへ感染する。感染後は、メールやリムーバブルメディア、共有フォルダ、インスタントメッセンジャーなどで拡散する。

さらにウェブサーバに感染すると、修正プログラムのダウンロードページに見せかけたウェブページを作成。ウェブ経由でマルウェアをダウンロードさせようとする機能も備えていた。同機能によるサイト改ざんは、今のところ確認されていないという。

(Security NEXT - 2010/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍