Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MOTEXとソフトクリエイトが協業、不正PC遮断ソリューションを提供

エムオーテックスとソフトクリエイトは協業し、PCの不正接続を検知、遮断する連携ソリューションの提供を開始した。

同製品は、MOTEXのネットワーク統合管理ツール「LanScope Cat6」と、ソフトクリエイトの不正PC検知、排除システムの連携を実現するアプライアンス製品「L2Blocker for LanScope Cat」を提供するもの。

「LanScope Cat6」が自動収集したMACアドレス、IPアドレス、コンピュータ名、エージェント名、識別キーなどの資産情報をL2Blockerが取り込み、不正接続のPCを検知。接続をブロックすることで、社内ネットワークの安全を確保する。

(Security NEXT - 2010/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、100社限定で「WS 2003」発見サービス
未承認端末の接続防止「IntraPOLICE II」 - パナ社内ベンチャー
NEC、不正持込端末の接続を防ぐ中小向けアプライアンス
NTTコム、社内メールに安全にアクセスできる「モバイルコネクトサービス」を提供
ソフトクリエイト、持込端末の不正接続を防止する「L2Blocker」の新版
ソリトン、「iPhone」や「Android」を認識できる検疫アプライアンスを発売
ハンモック、不正PC遮断ソリューションがタグVLAN環境に対応
VLANに対応した「持ち込みPC」対策製品 - 日本CAD
不正接続を防止するIPアドレス管理アプライアンスを発売 - キヤノンITS
日立システムアンドサービス、不正PCの接続防止ソリューション - 基本的な設定のみで利用可能