Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図書館システムの不具合でMDISが謝罪 - 流出件数は約3000件

同社はアクセス障害について、頻度の高い機械的なアクセスがあり、仕様上の問題から不具合が発生したと原因を説明。障害発生時にシステム解析や性能調査による原因の究明を実施しておらず、適切に障害対策を講じていなかったことから対応が遅れたことを認めた。

また図書館に対する説明が不十分だったとし、システムインテグレーターとしての責務を十分に果たしておらず、図書館や利用者に迷惑をかけたとして謝罪。6月末からシステムの改良を行い、11月15日に対象となる図書館システムの修正を完了したとしている。

アクセス障害については、起訴猶予処分となったものの、クローラーを利用してアクセスしたユーザーが偽計業務妨害容疑で逮捕される問題に発展。一部からシステムの不具合など指摘する声があがっていた。

(Security NEXT - 2010/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

図書館からボランティアへのメールで誤送信 - 鎌倉市
イベント申込者情報をサイト上で公開 - 宮崎県立図書館
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
教員が関係者情報含むPCをスペインで盗難被害 - 九大
市立図書館が個人情報含む予約カードを紛失 - 堺市
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
図書館の利用者情報19万件含むPCが所在不明 - 秋田市
個人情報をウェブサイトに誤記載 - 多摩市立図書館