Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、TCP/IPの脆弱性検証ツール最新版を貸出開始 - IPv6へ対応強化、バッチ処理も可能に

情報処理推進機構(IPA)は、機能強化を実施した「TCP/IPに係る既知の脆弱性検証ツール V5.0」の貸し出しを開始した。

同ツールは、「TCP/IP」による通信機能を実装したソフトウェアの脆弱性を、体系的に診断することができるソフトウェア。脆弱性の届け出が増加しており、同機構では2008年2月から検証用として同ツールを収録したCD-ROMを開発者に無償で貸し出している。

今回の機能強化では、IPv6環境における検証項目をあらたに9項目追加。さらにコマンドラインによる実行が可能となり、バッチ処理に対応する。さらに設定パラメータのインポートやエクスポート、検証結果の出力機能など追加した。

また同機構では、脆弱性を解説する「TCP/IPに係る既知の脆弱性に関する調査報告書」を改訂し、最新版となる「同改訂第5版」をあわせて提供している。

(Security NEXT - 2010/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド