Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IP-PBXのセキュリティ管理に注意 - 知らぬ間に海外発信されるトラブル

NTT東西は、同社IP電話「ひかり電話」の利用者において、身に覚えのない海外電話の通話料金が請求されるケースが発生しているとして、注意を喚起した。

内部ネットワークにIP-PBXサーバを設置し、同社が提供するIP電話サービス「ひかり電話」を外線として利用しているユーザーに被害が発生しているもの。セキュリティ対策が不十分であるために外部から内線端末になりまして接続され、海外に発信されていると見られている。

両社は、IP-PBXサーバを利用している場合は、メーカーやベンダーに相談したり、アクセス制御や推測が難しいパスワードの利用するなど、セキュリティ対策の実施を呼びかけている。また両社に申し出ることにより、海外への発信を休止することも可能だとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト