Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IP-PBXのセキュリティ管理に注意 - 知らぬ間に海外発信されるトラブル

NTT東西は、同社IP電話「ひかり電話」の利用者において、身に覚えのない海外電話の通話料金が請求されるケースが発生しているとして、注意を喚起した。

内部ネットワークにIP-PBXサーバを設置し、同社が提供するIP電話サービス「ひかり電話」を外線として利用しているユーザーに被害が発生しているもの。セキュリティ対策が不十分であるために外部から内線端末になりまして接続され、海外に発信されていると見られている。

両社は、IP-PBXサーバを利用している場合は、メーカーやベンダーに相談したり、アクセス制御や推測が難しいパスワードの利用するなど、セキュリティ対策の実施を呼びかけている。また両社に申し出ることにより、海外への発信を休止することも可能だとアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大