Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」を装うフィッシング攻撃が発生中 - フィッシング対策協議会が注意喚起

フィッシング対策協議会は、カードブランド「MasterCard」を装ったフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけている。

問題のメールは、「Important MasterCard Alert」や「MasterCard Account Holder」「Regarding Your MasterCard」など、複数の件名で送信されており、セキュリティ対策にともない、アカウントのアップデートが必要などと説明して、個人情報やカード情報を記入させようとする。

誘導先のウェブサイトは、ドメインが異なる4種類のURLが確認されており、11月24日17時時点で問題のサイトは稼働していることから、サイト閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼しているという。

「MasterCard」を偽装する同様のフィッシング攻撃は、先月10月にも確認されているほか、たびたび確認されている。同協議会では、誤って個人情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など