Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」を装うフィッシング攻撃が発生中 - フィッシング対策協議会が注意喚起

フィッシング対策協議会は、カードブランド「MasterCard」を装ったフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけている。

問題のメールは、「Important MasterCard Alert」や「MasterCard Account Holder」「Regarding Your MasterCard」など、複数の件名で送信されており、セキュリティ対策にともない、アカウントのアップデートが必要などと説明して、個人情報やカード情報を記入させようとする。

誘導先のウェブサイトは、ドメインが異なる4種類のURLが確認されており、11月24日17時時点で問題のサイトは稼働していることから、サイト閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼しているという。

「MasterCard」を偽装する同様のフィッシング攻撃は、先月10月にも確認されているほか、たびたび確認されている。同協議会では、誤って個人情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大