Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月に発生した顧客情報の紛失事故2件を公表 - ケーブルTV会社

イッツ・コミュニケーションズは、11月上旬に発生した顧客情報の紛失事故2件について公表した。

同社によれば、11月4日に営業予定地域の顧客情報113件が記載されたリストを紛失。氏名および住所のほか、12人については電話番号も含まれる。また同月7日には、19人の氏名、住所、電話番号が記載された訪問日時確認表の紛失が発生した。

いずれも周辺の捜索および警察への届出を行っているが、不正利用などは確認されていない。同社では対象となる顧客に対し、個別に連絡するなど対応を行っている。

(Security NEXT - 2010/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
個人情報管理サービス「Lifebear」のアカウント情報が流出 - 不正アクセスの可能性
顧客向けメールに配信リストを誤って添付 - 日本財託
顧客向け案内メール誤送信 - サムライ・ロック・オーケストラ
案内メールを誤送信、顧客メアド3100件が流出 - スワンフローリスト
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県
顧客情報含むリストが所在不明、巡回時に紛失か - 東京ガス
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト