Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6支店で顧客情報含む資料を紛失、一斉点検で判明 - 北日本銀

北日本銀行は、6支店において推定7322件の顧客情報含む資料が所在不明になっていることを明らかにした。

同行が、10月12日から20日にかけ、顧客情報が記載されている保存資料について全店で一斉点検を実施したところ、6支店において紛失が判明したもの。

所在が不明になっているのは、ATMジャーナルや伝票、集中取立手形明細表など8種類の内部資料。顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、預金残高などが含まれる。正確な件数はわかっておらず、7322件にのぼると見られている。

外部流出を疑わせる問い合わせも確認されておらず、同行では、いずれも行内で誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2010/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引情報含むATMジャーナルを誤廃棄 - コザ信金
委託先が顧客情報含むATMジャーナル紙を紛失 - 南日本銀
22店舗でのべ1万8000件の顧客情報紛失が判明 - 東邦銀
約14万件のATM取引情報を記録したジャーナルを紛失 - 東邦銀行
7万3000件の取引情報含むATMジャーナルを紛失 - 四国銀行
各国の大学を狙った不正アクセス、国内大学が被害を公表
4支店で顧客情報含む帳票の紛失が判明 - 豊和銀行
顧客情報2万2000件含むATMジャーナルが所在不明に - 横浜銀
顧客情報1481件含むATMジャーナルが所在不明 - 北央信組
顧客情報含むATMジャーナルを子会社が誤廃棄 - 南日本銀