Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、マカフィーへフィッシングURLの情報提供を開始

フィッシング対策協議会は、マカフィーへフィッシング詐欺サイトのURL情報について提供を開始する。

同協議会では、2010年2月よりプロバイダやセキュリティベンダーなど会員を対象に、フィッシング詐欺サイトのURLを提供しており、Kaspersky Labs JapanやG Data Softwareがすでに採用している。

マカフィーでは、国内第三者機関と協力し、フィッシング対策を強化するのは、今回がはじめて。法人、個人向け製品へ11月16日より順次データを追加していく。またクラウドを活用する「Global Threat Intelligence」のウェブレピュテーションに対しても反映させる予定。

(Security NEXT - 2010/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大