Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、マカフィーへフィッシングURLの情報提供を開始

フィッシング対策協議会は、マカフィーへフィッシング詐欺サイトのURL情報について提供を開始する。

同協議会では、2010年2月よりプロバイダやセキュリティベンダーなど会員を対象に、フィッシング詐欺サイトのURLを提供しており、Kaspersky Labs JapanやG Data Softwareがすでに採用している。

マカフィーでは、国内第三者機関と協力し、フィッシング対策を強化するのは、今回がはじめて。法人、個人向け製品へ11月16日より順次データを追加していく。またクラウドを活用する「Global Threat Intelligence」のウェブレピュテーションに対しても反映させる予定。

(Security NEXT - 2010/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生