Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Reader」の定例外パッチ、11月16日より順次公開 - ゼロデイ脆弱性を解消

Adobe Systemsは、「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」の深刻な脆弱性を解消する定例外の修正プログラムを、11月16日より順次公開する。

同社では、10月28日にアドバイザリを公表し、11月15日の週にアップデートを公開する計画であることを表明していたが、提供日を16日とするスケジュールを明らかにしたもの。同社では、11月16日よりWindows版とMac版が公開を開始し、「Adobe Reader」のUNIX版については、11月30日より提供する予定。

今回のアップデートは、「同9.4」および以前のバージョンに含まれる脆弱性を解消するもので、ひと足先に「Adobe Flash Player」で修正されている脆弱性「CVE-2010-3654」のほか、「CVE-2010-4091」など、深刻な脆弱性へ対応する見込み。

問題の脆弱性は、すでに国内でゼロデイ攻撃が確認されている。誤って開くとウイルスへ感染する細工が施されたPDFファイルが、公的な機関を装ったメールにより送信されているもので、政府やセキュリティベンダーが注意喚起を実施している。

(Security NEXT - 2010/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ