Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Winny」で流出した警視庁捜査資料、約5000人が所有 - 「PerfectDark」「Share」にも拡大

警視庁が作成したとされる国際テロ対策の関連捜査資料が、ファイル共有ソフトを通じてインターネット上へ流出した問題で、データを所有するユーザーが約5000人に上っていることがわかった。

国内で利用されている主要ファイル共有ソフト「Winny」「Share」「PerfectDark」において、ファイルを所有している端末の件数をネットエージェントが独自システムを利用して調査、取りまとめたもの。

調査を開始した10月28日の時点で、データを所有しているノード数は8件だったが、翌29日には155件に増加。その後も増え続けており、半月後となる11月11日には4842件まで拡大した。

当初「Winny」上に流出したが、11月2日より「PerfectDark」、11月4日より「Share」でも所有ノードが確認されているという。特に「PerfectDark」では11日の時点で1699件と全体の35%を占めている。

(Security NEXT - 2010/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
踏み台被害や不正通信を報告せず - 核物質管理センター
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
Lenovoのファイル共有ソフトに複数の脆弱性
核関連機関の端末が不正通信 - 核物質防護への影響は否定
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕