Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、SaaS型パケット解析サービスのベータテストを開始 - 無償パケットキャプチャソフトを用意

ネットエージェントは、組織上のネットワーク上でキャプチャしたパケットを解析できるSaaS型サービス「PacketBlackHole Cloud」のベータテストを開始した。

同サービスは、従来より同社がアプライアンス製品で提供している「PacketBlackHole」の一部機能を、SaaS型サービスとして提供するもので、事故発生時の原因調査など必要に応じてパケットを解析できる。

同社では、Windows端末上に通信パケットを蓄積できる無償パケットキャプチャソフト「PacketBlackHole Probeベータ版」を用意しており、機器などを用意することなく同サービスを利用することができる。

今回は正式サービスではなく、ベータテストとしてアカウント発行後7日間無料で利用でき、オンライン上に100Gバイトまで解析データを保存することが可能。

正式サービスの内容や、提供時期、料金などは未定。同社ではベータテストの結果などを踏まえ、アップデートなど機能強化を実施し、正式サービスの内容などを決定したいとしている。

(Security NEXT - 2010/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携