Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、大量の脆弱性へ対応した「Mac OS X 10.6.5」を公開

米Appleは、アップデート「Mac OS X v10.6.5 and Security Update 2010-007」の提供を開始した。

今回のアップデートでは、カーネルやディレクトリサービスの脆弱性をはじめ、「Safari」「QuickTime」「X11」「Apache」「PHP」「MySQL」「OpenLDAP」「OpenSSL」などに含まれる不具合へ対応。アプリケーションがクラッシュしたり、任意のコードを実行、クロスサイトスクリプティングなど134カ所、130件に及ぶ脆弱性を修正している。

またAdobe Systemsが、11月4日にアップデートの提供を開始した「Adobe Flash Player」の修正も含まれる。アップデートはソフトウェア・アップデートのほか、同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2010/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み