Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」装った攻撃によりフィッシング報告数が増加

フィッシング対策協議会は、10月に国内外から報告を受けたフィッシングの状況を取りまとめた。

10月に同協議会へ寄せられたフィッシングメールの報告件数は24件。9月は、8月の58件から一転して8件と低水準で推移したものの、再び上昇している。

フィッシングサイトに用いられたURLについても前月から15件増加して23件。ただし、ブランド名を悪用された企業は6件で、1件の増加にとどまった。

カードブランド「VISA」や「MasterCard」を装った攻撃が増加しており、フィッシングサイトを発見した場合は、サービス事業者や同協議会まで連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
2018年4Qのフィッシング攻撃は25%増 - 国内ホストは10月ピークに減少傾向
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に