Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEの未修整脆弱性、定例外パッチの予定なし - ドライブバイダウンロードによるゼロデイ攻撃も

マイクロソフトは、11月4日に深刻な脆弱性が見つかったとして、「Internet Explorer」に関するアドバイザリを公表しているが、11月10日の時点でセキュリティ更新プログラムを定例外で提供する計画がないことを明らかにした。

アドバイザリが公表された時点で標的型攻撃が確認されていたが、それ以降マイクロソフトでは海外を中心に、脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃が拡大していることを把握している。

また同脆弱性については、日本IBMも8日の時点で「.ru」ドメインでホストされているサーバ経由で、ドライブバイダウンロード攻撃が行われていることを確認している。

マイクロソフトでは、IEのアップデートについてプラグインが多数提供されており影響が大きく、一定水準の品質を確保するため準備に時間を要すると説明。

同社が確認している攻撃の発生状況からも定例外による緊急対応は現時点で予定しておらず、攻撃や被害の発生状況など、今後の動向の変化に応じて提供を検討していきたいとしている。

(Security NEXT - 2010/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に