Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Sasfis」ボットネットが活発、ランキング上位に - フォーティネットまとめ

フォーティネットジャパンは、9月21日から10月20日までに同社製品やシステムで検知した脆弱性に対する攻撃やマルウェアの状況について取りまとめた。

同社が期間中に検知したあらたな脆弱性は126件で、前回の62件から倍増。そのうち38.1%にあたる48件で活発な攻撃が確認されたという。

攻撃の活動量で順位づけした脅威ランキングを見ると、上位3位に変化はなく、1位はWindowsの「MS08-067」を攻撃する「MS.DCERPC.NETAPI32.Buffer.Overflow」で、27.1%を占めた。「SMTP.Auth.Buffer.Overflow」「MS.IE.Userdata.Behavior.Code.Execution」が続いている。

4位には、前回から5つランクを上げた「Sasfis.Botnet」が入った。汎用性の高いボットで、「Asprox」や「Cutwail」など複数のスパムボットを使用して拡散する。

(Security NEXT - 2010/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も