Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

運送会社がクレジットカード売上票など顧客情報を紛失 - コメ兵

コメ兵は、同社心斎橋店で扱った顧客情報26件含む書類が、本社への配送中に所在不明となったと発表した。

所在が不明になっているのは、10月29日から31日の間に同店舗で扱ったクレジットカード売上票のカード会社控え18件、買上げ明細書控え5件、免税誓約書控え3件。記載内容は書類によって異なるが、顧客の氏名、住所、電話番号、パスポート番号などが含まれる。

同店から佐川急便を利用して本社へ送付したが、未着であることが11月2日に判明した。配送途中に所在不明となっており、書類の行方はわかっていないという。

同社では事故の発生を受け、連絡可能な顧客については個別に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2010/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アプリ更新の案内メールで誤送信、メアド流出 - 博多港ふ頭
組織間の配送過程で介護保険関連資料が所在不明に - 大阪市
メール誤送信で災害報道関係者のメアド流出 - 内閣官房
保険料口座振替依頼書を紛失 - 愛知県内農協
クレカ売上票が運搬過程で所在不明に - 岡山の旅行代理店
関係ないメアドがCCに、不具合が原因と説明 - 京大生協
イベント案内メール誤送信でアドレス流出 - 福岡市
配送中に個人情報含むPCが所在不明に - 三菱地所グループ会社
高校生徒の個人情報をメールで誤送信 - 埼玉県
テストメール誤送信で職業訓練生のアドレスが流出 - 帝京大