Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチ3件を11月10日に公開予定 - 深刻度「緊急」は1件のみ

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムとして3件のプログラムを、11月10日に公開すると発表した。

今回公開が予定されている3件のうち、2件は「Office」に関連する更新プログラムで、深刻度は「緊急」「重要」それぞれ1件づつ。いずれの脆弱性も、攻撃を受けた場合、リモートでコードが実行されるおそれがあるという。

残りの1件は、「Microsoft Forefront Unified Access Gateway」に関する脆弱性で深刻度は「重要」。「特権の昇格」が発生する不具合を解消する予定。

同社では、11月4日に「IE」の脆弱性に関するセキュリティアドバイザリを公表し、セキュリティ更新プログラムの提供について計画があることを明らかにしているが、11月の定例パッチには含まれていない模様だ。

(Security NEXT - 2010/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
CMSの「TYPO3」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 5月14日にパッチを公開予定
「Chrome 74.0.3729.131」で脆弱性2件を修正
「Cisco Nexus 9000シリーズ」にroot権限奪われるおそれ
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる