Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

店舗で納付された年金1万6795件を誤入金 - ファミリーマート

ファミリーマートの店舗で納付された国民年金保険料1万6795件が、事務処理ミスにより関係ない日本銀行へ誤入金され、納付記録にも一時反映されていなかったことがわかった。

8月6日から同月10日にかけてファミリーマート店舗で納付された国民年金保険料1万6795件が正しく入金されていなかったもので、9月15日に日本年金機構から同社に対し、納付された保険料の国庫金入金データが正常に処理されていないとの連絡があり判明した。

店舗で収納した保険料は、8月17日に国庫へ入金されていたが、納付書の金融機関コードに記載ミスがあったため、払込人不明の国庫金として日本銀行に入金されていたという。

9月22日に納付記録の修正が完了しているが、「ねんきん定期便」に納付記録が正しく記載されない場合や、「国民年金保険料過誤納額還付・充当通知書」が送られるなど、一部対象者に影響が出ている。

(Security NEXT - 2010/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで
危機管理ソリューション市場、2021年度には1兆円超に拡大
厚労省と年金機構、年金情報流出問題の対策状況を取りまとめ
2支店で顧客情報含む書類を紛失 - JA東京あおば
厚労省、勧告受けて個人情報の保護管理規定を改正
5人に1人、個人情報漏洩が不安 - 前年度から大きく改善
日本年金機構が提供する複数プログラムのインストーラに脆弱性
顧客情報記載の帳票を紛失 - 宮城第一信金
政府、サイバー攻撃対策で9法人を指定 - GSOCによる監視の対象に
2017年度のセキュリティ関連予算概算要求額は601.4億円