Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、フィッシング対策セミナーを国内3カ所で開催

経済産業省は、フィッシング対策協議会と連携し、11月17日から19日にかけて全国3カ所でフィッシング対策セミナーを開催する。

同セミナーは、インターネット事業者や金融機関など、フィッシング被害を受けるおそれがある企業を対象としたイベントで、「フィッシング対策協議会」と連携し、専門家や実際に現場で対策を行っている企業の担当者を招き、国内外の実例や被害状況など、フィッシングの危険性や現状の対策などについて解説する。

開催地は東京、大阪、福岡の3カ所を予定しており、参加費は無料。詳細はセミナー開催案内ページから。

(Security NEXT - 2010/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる
偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
10月のフィッシング報告は982件 - 「Apple」関連が7割
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意