Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCI DSSバージョン2.0が公開 - 国内ベンダーによる独自翻訳版も

PCI SSCは、クレジットカード取り扱い事業者向けセキュリティ基準「PCI DSS」の最新版となる「バージョン2.0」を公開した。NTTデータ・セキュリティと日立ソリューションズでは、共同で翻訳版を独自に用意し、提供を開始している。

同バージョンでは、曖昧な表現を排除するなど表現を明確化。また仮想コンポーネントへの対応など行われるなど変更が加えられており、両社は、PCI SSCによる日本語版の提供までタイムラグが発生することから、いち早く翻訳版を公開したという。

さらに「PCI DSS v1.2.1」との差分比較資料も用意しており、希望者に提供している。両社では、変更内容の詳細な解説についても今後公開する予定。

(Security NEXT - 2010/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本クレジット協会、「PCI DSS」準拠のための実施要領を公開
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
PCI SSC、クレカのセキュリティ基準「PCI DSS」日本語版を公開
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
クレカ取引のセキュリティ対策強化、「実行計画2017」が策定
システムの可視化や脆弱性をスキャンする「F-Secure Radar」
「PCI P2PE」の準拠支援サービスを提供 - NRIセキュア
DNP、「PCI DSS」への準拠を支援するコンサルサービス
日本クレジット協会、「セキュリティ対策推進センター」を設置