Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィギュア通販サイトに不正アクセス - カード情報流出のおそれ

フィギュアの通信販売サイトであるホビーサーチが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が外部へ流出しているおそれがあることがわかった。

流出した可能性があるのは、クレジットカードの名義や番号、有効期限など最大2万7320件。そのうち7月7日以降に利用した最大3794件については、同社がシステムを切り替え、カード番号の保有方法が異なり、下4桁のみ含まれる。

サーバの脆弱性を攻撃されたのが原因で、10月6日に不正アクセスの形跡に気が付き、セキュリティ会社の調査により判明した。同社サーバから、踏み台に利用されたと見られる韓国内の団体へ顧客情報が送信されており、同社では同団体へ連絡。データの削除を依頼し、後日削除を確認したとしている。

同社は、12日よりクレジットカード決済代行会社と連携しながら対策を講じているほか、
20日になって不正アクセスの発信元が韓国内の大学であることが判明したことから、大学側に犯人の特定や流出データの回収を要求しているという。

また同社では、メインテナンスを実施し、サーバのセキュリティ対策を行ったほか、対象となる顧客へ連絡を取っている。

(Security NEXT - 2010/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社