Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMカット編集したアニメをShareへアップロードした男性が逮捕

ファイル共有ソフト「Share」を通じてアニメ動画を公衆送信したとして、千葉県警は27日、愛知県愛西市在住の男性を著作権法違反の疑いで逮捕し、翌28日に送検した。

千葉県警捜査員のサイバーパトロールをきっかけに発覚したもので、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、男性は、テレビアニメ「ハートキャッチプリキュア」からCMを排除するなど編集を行った上で、6月28日末から7月半ばにかけてアップロードしていた容疑がもたれている。

男性は、2009年ごろからアップロードしていたと見られており、ACCSから連絡を受けた著作権を保有する東映アニメーションが告訴した。

(Security NEXT - 2010/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
MS、10月の月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ攻撃確認済みの脆弱性も
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用
「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
脅威を把握しワークフローを自動実行する米ayehu製ソリューション - IWI
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
MS、月例セキュリティ更新で「緊急」25件含む脆弱性48件を解消
「Windows Phone 8.1」など複数MS製品がサポート終了
4月に「Windows Vista」がEOL - 「Windows 7」終了まであと3年