Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

遠隔設定に対応した家庭向けフィルタリングソフト - アプリ制限にも対応

デジタルアーツは、コンシューマー向けフィルタリングソフトの最新版「i-フィルター 6.0」を10月29日に発売する。発売当初はダウンロード版を提供し、11月12日よりパッケージ版の販売を開始する。

最新版では、フィルタリングのデータベースや設定情報をインターネットへ保存することにより、ほかのパソコンからフィルタリングの設定や利用状況の確認が可能。利用者から解除を申請する機能を追加している。

またフィルタリングを実施しているパソコンの利用状況をあらかじめ登録したメールアドレスへ定期的に「アクセスURL数」や「インターネット利用時間」を通知することができる。

さらにアプリケーション制御機能を搭載。インターネットタイマーと連動させることで、アプリケーションの利用時間を制限することができる。価格は、パッケージ版が6090円。更新パックや2ライセンスパッケージなども用意している。

(Security NEXT - 2010/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム