Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員の個人情報が電車内で盗難 - 東急スポーツオアシス

スポーツクラブを運営する東急スポーツオアシスは、従業員が10月13日に帰宅途中の電車内で盗難に遭い、会員の個人情報が保存されているUSBメモリを、鞄ごと持ち去られたと発表した。

盗難被害にあったUSBメモリには、同社本駒込店の会員に関する氏名や性別、生年月日のほか、会員番号や体成分の測定データなど3462件分の個人情報が保存されていたと見られている。

同社では、住所や電話番号など個人を特定しやすい情報が含まれていなかったとして、文書の送付は行わず、ウェブサイトで謝罪のアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2010/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
非常勤講師が持ち帰った答案用紙を紛失 - 金沢星稜大
8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
PCを電車内で紛失、顧客情報含む可能性 - 医療系人材派遣会社
市立病院で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
取引先関係者の個人情報含むスマホを紛失 - 日本金属
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT
学生の個人情報含む書類やPCを紛失 - ニトリ
顧客情報含むPCを電車に置き忘れ紛失 - ヤマハ