Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中野区図書館の利用者情報51件の漏洩が明らかに

三菱電機インフォメーションシステムズの図書館システムに、メンテナンスを実施した他自治体の利用者情報が混入し、納入先地方自治体のシステムから外部へ漏洩した問題で、中野区図書館の利用者情報51人分が含まれていたことがわかった。

2003年にシステム開発を行い、パソコンを中野区図書館へ持ち込み、テストを実施したが、利用者情報が残存し、同パソコンで他自治体のシステムを構築したことからデータが混入したもの。他図書館で発生した個人情報の流出事故で外部に流出した。

中野区や三菱電機インフォメーションシステムズは当初、2人分の情報がシステム上に含まれていたことを明らかにしていたが、あらたに削除領域に49人分の情報が含まれていたことが判明した。

同区では、関連する住民へ謝罪を進め、流出した情報の保有者に対して削除を要請を行う。また流出にともなう損害について、三菱電機インフォメーションシステムズへ損害賠償を求める方針。

(Security NEXT - 2010/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
図書館の利用者情報19万件含むPCが所在不明 - 秋田市
個人情報をウェブサイトに誤記載 - 多摩市立図書館
村上春樹氏の図書貸出履歴報道「是認できない」 - 日本図書館協会
案内メール誤送信で利用者246人のアドレス流出 - 土浦市立図書館
府営住宅入居者の個人情報含む書類が盗難 - 大阪府
岡崎市、図書館システムの個人情報流出問題で入札参加停止処分
図書館システムの不具合でMDISが謝罪 - 流出件数は約3000件
複数図書館に販売した図書館システムに個人情報が残存 - 三菱電機関係会社