Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規サイト経由とみられる感染被害が100社超 - Gumblerより巧妙、日本が標的か

国内において、改ざんされたウェブサイトから不正サイトへ誘導され、マルウェアへ多重感染する被害が広がっている。トレンドマイクロによれば、100社以上から感染報告を受けており、詳細について調べている。

今回見つかった攻撃では、正規サイトの改ざんで不正サイトへ誘導させられると、Javaの脆弱性により「JAVA_AGENT.P」や「JAVA_AGENT.O」に感染。「TROJ_DLOAD.SMAB」がダウンロードされ、PC内部に「TROJ_DLOAD.SMAD」を作成される。

多重感染はこれにとどまらず、「TROJ_DLOAD.SMAD」は、「TROJ_DROPPER」ファミリをダウンロード。さらに「TROJ_EXEDOT.SMA」を作成して、外部ウェブサイトへ誘導する。アクセス先はすでにダウンしており、攻撃の目的はわかっていない。

「TROJ_DLOAD.SMAD」は「mstmp」、「TROJ_EXEDOT.SMA」は「lib.dll」というファイルでコンピュータ内に保存される。なかでも「TROJ_DLOAD.SMAD」は多用なバイナリファイルが用いられ、さらに検知や解析を避けるよう難読化されているなど従来より確認されている「Gumbler攻撃」より巧妙になっていたという。

(Security NEXT - 2010/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IT資産管理製品「QND」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに