Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ENISAによるクラウドの情報セキュリティガイドラインを翻訳 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、EUのクラウドセキュリティに関するガイドラインを翻訳し、公開を開始した。

今回公開したのは、欧州ネットワーク情報セキュリティ庁(ENISA)が2009年11月に発行したクラウドコンピューティングに関するガイドライン「セキュリティ確保のためのフレームワーク」と「情報セキュリティに関わる利点、リスクおよび推奨事項」の2件。EUの特性上、中小企業を配慮した内容になっている。

利用企業やプロバイダ向けに作成された「情報セキュリティ確保のためのフレームワーク」では、クラウドプロバイダに対する質問すべき項目を「人的セキュリティ」をはじめとする10カテゴリーに分割してまとめており、法的責任の範囲についても盛り込んだ。

一方、利用者向けに作成された「情報セキュリティに関わる利点、リスクおよび推奨事項」は、中小企業や個人を対象とした文書。クラウド利用による恩恵やリスクなどセキュリティ情報のガイダンスを提供する。またリスク、脆弱性、資産など、各項目の対訳を収録した。

(Security NEXT - 2010/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
米McAfee、「CASB」のSkyhigh Networksを買収
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供