Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話向けサービスで個人情報が閲覧可能に - ヤマト運輸

ヤマト運輸が携帯電話で提供している利用者向けサービスに脆弱性があり、関係ない顧客の個人情報が閲覧できる状態だったことがわかった。

脆弱性が明らかになったのは、スマートフォン向けに提供している「クロネコメンバーズのWebサービス」のクイックログイン機能。同機能によりIDやパスワードの入力せずにログインが可能だったが、特定のブラウザを利用することにより、関係ないほかの利用者としてログインできる状態だった。

同社によれば、今回の不具合により1人の顧客が、別の2人の顧客からログインされたことが判明しているという。

同社では10月19日にクイックログイン機能を停止。関連する顧客へ個別に対応した。またパスワード認証を追加し、25日よりサービスを再開している。

(Security NEXT - 2010/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社
貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
防災対策要請メールを誤送信、診療所のメアド流出 - 山口県
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
「福岡市消防局eメール119番」のテストメールで誤送信