Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

代理店で顧客情報約3万9000件を含むCD-Rが所在不明に - アフラック

アメリカンファミリー生命保険(アフラック)の代理店において、顧客情報3万8980件が保存されたCD-Rが所在不明になっていることがわかった。

代理店であるいずみライフデザイナーズが、アフラックより受け取った2004年11月分の業務情報を含むCD-Rを紛失したもの。3万8980件の証券に関する情報が保存されており、個人情報は3万555人分にのぼる。氏名のほか、保険の種類や口数、保険期間、保険金額、保険料、証券番号など含まれるが、CD-Rにはパスワードが設定されていたという。

いずみライフデザイナーズが、一部業務の移転作業を行った際に気が付いたもので、10月12日にアフラックへ報告した。調査の結果、2006年2月の時点で紛失していた可能性が高いが、悪用されたとの報告はないとしている。同社では文書で事情を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2010/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる