Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大企業のエンドポイント向けセキュリティスイートを発売 - マカフィー

マカフィーは、大企業向けのエンドポイント向けセキュリティスイート「McAfee Total Protection for Endpoint Enterprise Edition」を提供開始した。

同製品は、「Windows」をはじめ、「Mac OS X」「Linux」「モバイル」など、幅広いエンドポイント端末のセキュリティ対策を一元管理できるセキュリティソリューション。

ウイルス対策機能をはじめ、ネットワークやウェブサイトへのアクセス制御、データコピーや不正アプリケーションの制限、暗号化機能などを備えている。

同社マネジメントコンソール「McAfee ePolicy Orchestrator」により他製品との統合管理にも対応する。価格は、1ライセンスあたり4万5990円で、11ライセンスから導入することができる。

(Security NEXT - 2010/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に