Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク制度の運営要領が来年3月に改正 - 既定体系や表現を見直し

日本情報処理開発協会(JIPDEC)は、プライバシーマーク制度の運営要領を全面的に改正すると発表した。2011年3月1日より施行する予定。

今回の改正は、制度の透明性や利便性を高めることを目的としており、既定体系や名称を見直したり、詳細な記述を盛り込む。同制度委員会の審議を経て決定したもので、制度そのものの変更は行われていない。

既定体系では、既定をモジュール化し、事業者や審査機関が必要な既定のみ参照できるようにするほか、「綱領、規則」「規約」「基準」「手順」と階層化。またPマークの表示方法や申請期間についても、柔軟な運用ができるよう修正がくわえられている。

(Security NEXT - 2010/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
公開領域に残存した移行用データが外部流出、個人情報約1.2万人分 - HIS
登録者情報が外部流出、従業員の持出で - スタッフサービス
Pマーク制度とPIPA制度の相互承認プログラムが終了
Pマーク事業者に関する苦情や相談、2015年度は329件
2015年度はPマーク事業者796社で1947件の個人情報関連事故
Pマーク事業者の個人情報関連事故は1646件 - 「紛失」が最多
ウェブサービスへの個人情報登録、信頼するポイント「会社名を知っている」が6割
半数がセキュリティ専門職の「採用計画なし」
クリエイター交流サイトに不正アクセス - アカウント情報が米国サイトに