Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Virus Total、G Dataの不正URL判定エンジンを採用

独G Data SoftwareとスペインのVirus Totalは、不正サイトのURL判定分野で提携した。

今回の提携を通じて、Virus Totalは、ウイルスへ感染するおそれがあるサイトやフィッシング詐欺サイトを判定する「不正サイトのURL判定サービス」のエンジンにG Dataのエンジンを追加した。

Virus Totalでは、すでに「Firefox」「Google」「Opera」「ParetoLogic」「PhishTank」を採用しており、同社サイトでは、あわせて6種類のエンジンでURLの判定を行うことができる。

(Security NEXT - 2010/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
フレクセラ、MSの「Intelligent Asset Manager」と連携
トヨタとカリウス、モビリティにおける本人特定技術を共同開発
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業