Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Virus Total、G Dataの不正URL判定エンジンを採用

独G Data SoftwareとスペインのVirus Totalは、不正サイトのURL判定分野で提携した。

今回の提携を通じて、Virus Totalは、ウイルスへ感染するおそれがあるサイトやフィッシング詐欺サイトを判定する「不正サイトのURL判定サービス」のエンジンにG Dataのエンジンを追加した。

Virus Totalでは、すでに「Firefox」「Google」「Opera」「ParetoLogic」「PhishTank」を採用しており、同社サイトでは、あわせて6種類のエンジンでURLの判定を行うことができる。

(Security NEXT - 2010/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
凸版印刷、パーソナルデータ利活用で米Planetwayと協業
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も