Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先でATMジャーナルの紛失が発生 - ゆうちょ銀

ゆうちょ銀行は、ATM管理業務の再委託先において、顧客情報884件含むジャーナル1個の紛失が発生したと発表した。

紛失したのは、兵庫県宝塚市の大阪支店アピア1内出張所に設置されたATMのジャーナル。9月8日から同月15日までの取引内容が記録されており、顧客884人の氏名、口座番号、取引金額などが印字されていた。

同行では、日本ビジネスオペレーションズへATMの管理を委託しており、同社が再委託していた東洋テックにおいて9月30日に保管状況を確認したところ、紛失していることに気が付いた。紛失した情報に関連した問い合わせなどは受けていないという。

(Security NEXT - 2010/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
取引情報含むATMジャーナルを誤廃棄 - コザ信金
委託先が顧客情報含むATMジャーナル紙を紛失 - 南日本銀
22店舗でのべ1万8000件の顧客情報紛失が判明 - 東邦銀
約14万件のATM取引情報を記録したジャーナルを紛失 - 東邦銀行
7万3000件の取引情報含むATMジャーナルを紛失 - 四国銀行
各国の大学を狙った不正アクセス、国内大学が被害を公表
4支店で顧客情報含む帳票の紛失が判明 - 豊和銀行
顧客情報2万2000件含むATMジャーナルが所在不明に - 横浜銀
顧客情報1481件含むATMジャーナルが所在不明 - 北央信組