Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETの定義ファイルに起動障害の不具合 - 最新版へアップデートを

キヤノンITソリューションズは、10月18日にESET製品へ配信された一部定義ファイルに不具合が生じているとして対応方法をアナウンスしている。

適用後に不具合が生じるのは、10月18日17時半ごろから約5分間配信された定義ファイル「バージョン5541」。同定義ファイルに含まれていたウイルス、スパイウェア対策機能の「1288」が原因で、適用後にPCを再起動しようとすると起動できなくなる可能性がある。

影響を受けるのは、「ESET NOD32アンチウイルス」「ESET Smart Security V3.0」「同V4.0」で、同社には60件の問い合わせが寄せられているという。

ウイルス、スパイウェア対策機能を「1289」以降へアップデートすることにより不具合を回避することが可能。また誤って適用した場合はセーフモードより手動で影響を与えるファイルを削除することに復旧することが可能で、同社では対策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESETの定義ファイルに不具合、誤検知でサイト接続できず - すでに修正済み
ノートンやエンドポイント製品の一部定義ファイルに不具合 - シマンテック
一部製品にMS月例パッチ適用でライセンス無効化される問題 - カスペルスキー
カスペルスキーの対策製品で定義ファイル更新表示に一時不具合
ソフォスのウイルス対策ソフトで誤検知発生、アップデートの不具合なども
ウイルス対策製品の一部定義ファイルに不具合 - マカフィー
カスペルスキー、一部広告URLを誤検出 - すでに解消済み
一部オーディオプレイヤーにウイルスが混入 - クリエイティブメディア
MSのセキュリティ対策ソフト、「Google Chrome」をトロイの木馬として誤検知
ESETが年末に配布した一部定義ファイルに不具合 - アップデートで解消