Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ServerProtect」の一部で定義ファイル読み込めなくなる不具合

トレンドマイクロは、「ServerProtect」の一部環境で、スパイウェアの定義ファイルが読み込みできなくなる障害が発生しているとして対策を呼びかけている。

同社によれば、「ServerProtect for Windows 5.8」「同for NetApp 5.8」「同for EMC Celerra 5.8」の一部の環境において、スパイウェアの定義ファイルを「1.103.00」以降へのアップデートしようとすると、定義ファイルを読み込めなくなる場合がある。

インフォメーションサーバから一般サーバへ定義ファイルを配信すると、「リターンコード46」が記録され、配信が困難となり、定義ファイル以外にコンポーネントの配信などを行おうとした場合も影響を受ける。

原因は、定義ファイル番号の認識の不具合が原因で、Windows版のみ発生するという。同社は「同for Windows 5.8」向けのパッチ「Critical Patch build 1267」を配布。他環境に対しても、20日以降に順次公開する予定で、同社はそれまで回避策を実施するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2010/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スレーブの「BIND 9」、特定環境下で不具合 - 信頼できないゾーンの取扱時に影響
みずほ証券でシステム障害、オンライン取引やATM入出金に影響
「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める
Vpassチケット、「iOS 11.3」で不具合
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
楽天カード、3月7日朝に全面復旧を予定 - 6日も19時半より一時再開
楽天カードでシステム不具合、借入や一部支払に影響
仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化