Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、「校務分野におけるASP・SaaS事業者向けガイドライン」を公表

総務省は、ASPやSaaS事業者が教育機関向けに学校事務サービスを提供する際、遵守や留意すべき内容をまとめた「校務分野におけるASP・SaaS事業者向けガイドライン」を策定した。

教育機関における教務や学籍、保健関係の事務、保護者や地域との情報共有、教育委員会との連携事務など効率化に用いられる一方、指導や健康状況といった個人情報なども取り扱うことから、同問題を検討する総務省ではNPO法人と「ASP・SaaS普及促進協議会」を設置。適切な取り扱いをガイドラインとして策定した。

ガイドラインでは、小中高学校を対象に教育関連業務を支援するASPやSaaSについて、サービスの概要や有効性、導入の流れ、教育関連機関の合意生成といった問題のほか、留意事項などを収録した。

サービスを提供する事業者や地方公共団体、教育委員会向けのガイドラインだが、導入する教育関係機関も参考にすることができる。

(Security NEXT - 2010/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
クラウド事業者が医療情報を扱う際の安全管理ガイドライン - パブコメを実施
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
EUの十分性認定に向けた個人データ取扱ガイドライン案 - パブコメ実施