Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、情報を秘匿した圧着状態で印刷できる小型プリンタを発売

NECとNECパーソナルプロダクツは、業務用小型複写感熱プリンタ「マルチコーダー 502L3D-98」シリーズと、秘匿感熱用紙を10月18日に発売する。

同製品は、2枚複写の感熱用紙にくわえ、情報保護紙を感熱紙に圧着した「秘匿感熱用紙」に直接印刷できる小型プリンタ。

同社では、サプライ品として「秘匿感熱はがき」を用意しており、従来のように印刷後の圧着が不要で、情報を隠したまま印刷することが可能。個人情報を含む通知書などの印刷に活用できる。

「USBモデル」と「LANモデル」を用意しており、価格はそれぞれ27万3000円、31万2900円。専用の「秘匿感熱はがき」は、2000枚を4万8825円より提供し、カスタマイズにも対応する。

(Security NEXT - 2010/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
凸版印刷、共通鍵暗号方式によるIoT機器向けデータ保護サービス
ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
DNP、IoTオフィス機器にICチップ技術を応用 - クマヒラのセキュリティゲートに搭載
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業