Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数人気解凍ソフトに脆弱性 - IPAがアップデート呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、フリーウェアとして人気がある圧縮ファイル解凍ソフト「Lhaplus」や「Lhasa」に脆弱性が見つかったとして、脆弱性が解消された最新版へのアップデートを呼びかけている。

両ソフトは、「lzh形式」や「zip形式」などの圧縮ファイルを扱うソフトウェア。「Lhaplus」には、ライブラリファイルを読み込む処理に脆弱性が含まれ、圧縮ファイルを展開した際に任意のコードが実行される可能性がある。

一方「Lhasa」では、実行ファイルの読み込み処理に不具合があり、任意のコードが実行される可能性がある。

いずれも脆弱性が解消されたバージョンが作者のページで公開されており、アップデートすることにより脆弱性を解消することが可能で、同機構では利用者へ、対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MTAppjQuery」の旧版に脆弱性 - 使用ライブラリに起因
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性