Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GSX、4000項目以上を調査する「クラウドシステム検査」を提供

グローバルセキュリティエキスパートは、「クラウドシステム検査」サービスを提供開始した。

同サービスは、クラウドで活用される仮想化システムの仮想化のホストおよび仮想マシンの脆弱性について、技術的な側面から検査を実施するサービス。侵入検査など外部ネットワーク経由経由と設定状況など内部コンソール上から調査を実施し、利用環境に則したアドバイスを提供する。

商用ツールと手動による調査を組み合わせており、同社によれば検査項目数は4000項目以上にのぼるという。サービス料金は105万円から。

(Security NEXT - 2010/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料