Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ分野から多数表彰者 - 情報化月間表彰

経済産業省や総務省など政府が毎年10月に展開している2010年度情報化月間において、情報化促進に貢献した個人や企業、システムの表彰受賞者が決定した。情報セキュリティ分野から多数受賞者が選出されている。

個人表彰では、JPCERTコーディネーションセンター代表理事の歌代和正氏が経済産業大臣表彰「情報セキュリティ促進部門」を受賞。同氏は、セキュリティ対策技術の発展やインシデント対応機関である同センターの設立、政府によるボット対策事業の展開など多くの業績を残している。

また日本アイ・ビー・エム経営品質・情報セキュリティ情報セキュリティ担当部長の徳田敏文氏が、経済産業省商務情報政策局長表彰に選ばれた。

同氏は、同社で発生した情報漏洩事件で、ファイル共有ソフト上にデータを流出させた人物の特定したり、事故経験の講演、セキュリティオペレーションセンターにおける情報共有の推進など積極的な活動が評価された。

(Security NEXT - 2010/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
日本CISO協会、新代表理事にぴあCISOの上村達也氏
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化
米政府、「WannaCrypt」の攻撃者を北朝鮮と断定 - 日本も同調
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも