Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ分野から多数表彰者 - 情報化月間表彰

経済産業省や総務省など政府が毎年10月に展開している2010年度情報化月間において、情報化促進に貢献した個人や企業、システムの表彰受賞者が決定した。情報セキュリティ分野から多数受賞者が選出されている。

個人表彰では、JPCERTコーディネーションセンター代表理事の歌代和正氏が経済産業大臣表彰「情報セキュリティ促進部門」を受賞。同氏は、セキュリティ対策技術の発展やインシデント対応機関である同センターの設立、政府によるボット対策事業の展開など多くの業績を残している。

また日本アイ・ビー・エム経営品質・情報セキュリティ情報セキュリティ担当部長の徳田敏文氏が、経済産業省商務情報政策局長表彰に選ばれた。

同氏は、同社で発生した情報漏洩事件で、ファイル共有ソフト上にデータを流出させた人物の特定したり、事故経験の講演、セキュリティオペレーションセンターにおける情報共有の推進など積極的な活動が評価された。

(Security NEXT - 2010/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
総務省に「情報セキュリティ政策局」を - 高市総務相
2020年末に「Flash」のサポート終了 - Adobeが表明
セキュリティ人材のキャリアパスや処遇改善など検討する「JTAG」 - 発起人会が発足
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞が決定 - SECCONなど3者が受賞
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者6名を発表
暗号学分野の業績称え、Adi Shamir氏に日本国際賞
日本ネットワークセキュリティ協会、「JNSA賞」の受賞者を発表
セキュリティ分野から2名が経済産業大臣賞を受賞