Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsシェルやIEの脆弱性を攻撃するプログラムが上位 - Kasperskyまとめ

Kaspersky Labs Japanは、9月に同社が検知したマルウェアの状況を取りまとめた。脆弱性を攻撃するプログラムが、引き続きランキング上位に入っている。

ユーザーのPC上で検知されたマルウェアのランキングでは、上位に大きな変化は見られず、Windowsの脆弱性を悪用し、「Conficker」「DOWNAD」とも呼ばれているマルウェア「Kido」の亜種が1位と3位を占めた。前回4位だった「Kido.iq」は8位に後退している。

8月に増加が観測された「Windowsシェル」の脆弱性「CVE-2010-2568」を悪用するプログラムについては、「Exploit.Win32.CVE-2010-2568.d」が9位、「Exploit.Win32.CVE-2010-2568.b」が12位と、前月と同じ順位をキープした。

また同脆弱性を悪用するケースとしては、前月の「Trojan-Dropper.Win32.Sality.r」に代わって別の亜種である「Trojan-Dropper.Win32.Sality.cx」が16位に登場している。

同ウイルスは、他不正プログラムをインストールするいわゆる「ドロッパー」で、11位の「Virus.Win32.Sality.bh」を感染したPCにインストールするなど、多重感染を引き起こす。

(Security NEXT - 2010/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に