Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iPhoneのジェイルブレイクに利用する脆弱性への攻撃が4位 - フォーティネットまとめ

フォーティネットジャパンは、8月21日から9月20日までに同社製品やシステムで検知した脆弱性に対する攻撃やマルウェアの状況について取りまとめた。

同社では、期間中に62件のあらたな脆弱性を検知。そのうち約4割にあたる26件に対して攻撃が発生していたという。「Quicktime」やAdobeの製品を狙ったゼロデイ攻撃も確認されている。

攻撃の活動量が多かったのは、Windowsの「MS08-067」を攻撃する「MS.DCERPC.NETAPI32.Buffer.Overflow」で、攻撃の27.3%を占めた。また「SMTP.Auth.Buffer.Overflow」が16.4%で続いている。

Appleの人気端末「iPhone」で、PDFに埋め込まれたフォントによりジェイルブレイクを行う脅威「FreeType.CFF.Jailbreak.Apple.Device」は10.4%にのぼり、4位に初登場している。ユーザーがあえて利用しているケースもあるが、攻撃者が悪用する可能性もあると同社は指摘し、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割