Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グローバルでセキュリティ対策を一元的に提供 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、国内外のシステムのセキュリティ対策を一元的に提供するサービス「Bizセキュリティ グローバルマネジメント」を提供開始した。

同サービスは、同社のセキュリティオペレーションセンターを活用し、国内外におけるシステムのセキュリティ対策を提供するもの。顧客のシステムにセキュリティ機器を導入し、脅威からのシステム保護やインシデント発生時のサポートを提供する。

SOCでは日本語や英語はもちろん、ドイツ語、フランス語、中国語、スウェーデン語で対応。300人超の専門エンジニアを世界10カ国、22拠点に配置。国内外問わず均一なレベルでセキュリティ管理が可能だという。

メニューとして、ネットワーク内の不正な動作を検知して不正アクセスやワームによる通信を遮断する「マネージドIPS/IDS」を提供する。

このほか、セキュリティポリシーに応じたアクセス制御を行う「マネージドFirewall」を2010年第3四半期から、またファイアウォールやアンチウイルス、不正侵入対策などの機能を統合管理する「マネージドUTM」を2011年第1四半期から提供予定。

(Security NEXT - 2010/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動
SSL/TLSを取り巻く状況や鍵管理に関する文献調査を実施 - IPA