Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、上半期における情報セキュリティの注目動向を報告 - 対Gumblar技術も

情報処理推進機構(IPA)は、情報セキュリティの技術分野における2010年上半期の動向について取りまとめた報告書を発表した。

同機構の「情報セキュリティ技術動向調査タスクグループ」が2010年6月に開催した会合の内容をもとに、参加委員による2010年上半期の注目動向を取りまとめたもの。「楕円曲線暗号」の整備動向や、「MACsec」による「レイヤー2」の暗号化、「DNSSEC」などをはじめ、8件のトピックを収録した。

同報告書では、ウェブサイトの改ざんなど引き起こし、話題となった「Gumblar攻撃」対策についても触れ、ウェブサイト管理者におけるサーバ認証の導入や、エンドユーザー側におけるアウトバウンドのパケットフィルタリングといった対策を取り上げている。

(Security NEXT - 2010/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数