Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん誘導先に複数ソフトの脆弱性を攻撃するツールキット - JPCERTが攻撃を複数確認

正規サイトの改ざん攻撃に、複数の脆弱性を攻撃する「ツールキット」が用いられているとして、JPCERTコーディネーションセンターが注意喚起を行った。

今回の攻撃では、おもな改ざんの手口は「SQLインジェクション」で、ウェブサイト上のコンテンツや広告表示などを改ざん。閲覧者を不正サイトへアクセスさせ、マルウェアへ感染させるもので、誘導先で複数の脆弱性を悪用する攻撃ツールキットが活用されているのが特徴となっている。

確認されているだけで、「Windows」「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」「Flash Player」「JRE」の脆弱性が悪用されており、マルウエア感染後は、さらに偽セキュリティ対策ソフトやボットに感染するなど多重感染に発展する可能性がある。

感染活動に利用する脆弱性は、2010年に入って判明した比較的あたらしいものもあるが、同センターが確認したところ、10月の1日時点で既知の脆弱性に対する攻撃に限られるという。

いずれも脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラムが提供されており、同センターでは、コンピュータ内のソフトウェアが最新の状態にアップデートされているか
、確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も