Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん誘導先に複数ソフトの脆弱性を攻撃するツールキット - JPCERTが攻撃を複数確認

正規サイトの改ざん攻撃に、複数の脆弱性を攻撃する「ツールキット」が用いられているとして、JPCERTコーディネーションセンターが注意喚起を行った。

今回の攻撃では、おもな改ざんの手口は「SQLインジェクション」で、ウェブサイト上のコンテンツや広告表示などを改ざん。閲覧者を不正サイトへアクセスさせ、マルウェアへ感染させるもので、誘導先で複数の脆弱性を悪用する攻撃ツールキットが活用されているのが特徴となっている。

確認されているだけで、「Windows」「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」「Flash Player」「JRE」の脆弱性が悪用されており、マルウエア感染後は、さらに偽セキュリティ対策ソフトやボットに感染するなど多重感染に発展する可能性がある。

感染活動に利用する脆弱性は、2010年に入って判明した比較的あたらしいものもあるが、同センターが確認したところ、10月の1日時点で既知の脆弱性に対する攻撃に限られるという。

いずれも脆弱性を解消するセキュリティ更新プログラムが提供されており、同センターでは、コンピュータ内のソフトウェアが最新の状態にアップデートされているか
、確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村