Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロアドの広告サーバ改ざん、最大68万人に影響

メディア向けに提供されているマイクロアドの広告配信サーバの一部が不正アクセスにより改ざんされた問題で、同社は最大68万人に影響があることを明らかにした。

一部メディアが約800万人に影響があったと報じたことを受けて否定したもので、同社の説明によれば、改ざんが発生した24日21時半から23時半までの時間帯に閲覧した利用者は最大68万人だったという。

今回の不正アクセスでは、同社の広告サーバが不正アクセスにより改ざんされ、不正サイトへ誘導するコードが提携するメディアに配信された。各メディアでは、閲覧者に対して注意喚起を実施している。

(Security NEXT - 2010/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
「EC-CUBE」に固定したセッション利用する脆弱性 - 修正がリリース
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ